湯煙おやじの旅日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 福岡妄想劇場 9 ・ 世界で一番好きな国

<<   作成日時 : 2018/06/19 00:55   >>

ナイス ブログ気持玉 34 / トラックバック 0 / コメント 14

再びタクシーに乗り、石蔵酒造を後にした

向かうのは最後のスポット、水鏡天満宮である


画像



大した神社ではないが、菅原道真を祭る神社で太宰府に左遷された道真が憔悴した自分の姿を川面に映した事からこの名が付いたと言う由緒ある神社である


九州一の繁華街である天神の名も、ここが由来であります







画像



彼女はここでも御朱印をもらい、ちょっぴり嬉しそうだった


これで3つ目と微笑んだ・・・







画像



川面からの風が心地良いので少し歩く事にする


やがて何度か二人で歩いたであい橋のベンチで、残りの時間を惜しむかのようにおしゃべりをした







画像



彼女は時々まるでお姉さんのような口調になる


自分は弟のように素直に聞く


それが男の優しさってもんだし、むしろお姉さん口調は悪くない


ちょこっと口を尖らせて喋る事を本人は知らない


自分だけの楽しみに取っておくつもりだ


世界で一番好きな国を聞かれた


もちろんスイスと即答した


なんで?


優しいまなざしで彼女は聞いてきた


モンブランが好きだから






画像



またも彼女は口を尖らせながらモンブランはシャモニーでしょ


スイスじゃなくフランスよと言った


そんな事はもちろん知っている


ほぼ同じ時期に彼女もスイスに行っている


残念ながら別々にだ


自分はモンブランが好きだ


自慢ではないが二度ほど見た


あの白く美しく、気高く上品な山が大好き


標高4810m、ヨーロッパアルプスの最高峰でアルプスの女王と呼ばれるほど美しい


白い山と言う意味で、別名白い貴婦人とも呼ばれている


アルプスの乙女と呼ばれるユングフラウ、修道士と呼ばれるメンヒももちろん好きだ


もちろんマッターホルンも大好き


男としてマッターホルンの様な堂々とした生き方がしたい



標高4478mの独立峰で、厳しい自然にも耐えてきた山である


カッコ良さは比べ物にならないが、一匹狼的な自分とダブる部分がある


自分の主義主張を貫く事は、時に逆風に打ち勝たねばならないからだ


大好きな富士山も独立峰としての美しさがあるからこそ、惹かれるのだと思う


ツェルマットの村から見る朝焼けのマッターホルンは実に神々しい


あの雄姿を見ていると、どんな困難にも立ち向かえる気がする


あっ、朝焼けのマッターホルンの画像頂戴って言うの忘れたなぁ・・・







画像



モンブランの頂きに立った時にと言う自分の話をさえぎるように、彼女はまたも口を尖らせながらエギュ・デュ・ミディから見たんでしょ


だから頂上ではないわ、と、またも得意気に言った


ふ〜ん、そんなにモンブランが好きなんだ


あなたって変わっているわね、と不思議そうにつぶやいた・・・


エキゾチックな国が好きな彼女には、モンブランの美しさは理解できないだろう


仕事の都合で彼女は帰るが、自分はもう一日福岡に滞在する事にした


彼女は自分よりはるかに英語は堪能だし、仕事もできる


しかし大雑把な一面もある


そのギャップが男心をくすぐる


かと言って無理矢理仕事を休ませる訳にはいかない


まぁ口うるさいお姉さんが居なくなったら、博多グルメをこれでもかと言うぐらい食べ、お酒もガブガブ飲もうと内心思っていた


口うるさいお姉さんっぽいが、内心自分の健康を気遣ってくれている


いい、糖尿病に気を付けるのよ


物凄くお姉さんぶって言ったが眼差しは優しかった・・・


預けていた荷物をピックアップし、タクシーで博多駅へ向かう


少し時間があったのでお茶をした


最初はホームで見送ると言ったが、泣かれると困るから改札で見送る事にした



今度いつ逢える?
その言葉をグッと飲み込んだ


彼女は色々とありがとうと言い、改札を抜けて行った


一度ぐらい振り向くかと思っていたが泣くどころか一度も振り向かなかった


もしかして舞い上がっていたのは自分だけだったのだろうか・・・


一言忘れていた


スイスが好きと答えたのは、アンデルマットの街が好きだからだ


そう、そこが全ての始まりだったから・・・









テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 34
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(14件)

内 容 ニックネーム/日時
ゆけむりさん ここまで引っ張ると、最早「犯罪」の域に入ってますね(笑)。
y&m
2018/06/19 09:39
いや〜、申し訳ありません
でもナイスなオチが無くて困っています
かと言ってもう後戻りはできない所まで来てしまいましたしね・・・
おバカブログと軽く流して下さいm(__)m
kaitoパパさんへ
2018/06/19 22:48
で、この方、どなたなんですか?((笑)
妄想に利用された方(*^-^*)お姉さん?
現実逃避な旅人
2018/06/22 21:42
残念、ハズレです
旅人さん、何が悲しくて姉とデートし、しかもドキドキしながら手をつながなくてはいけないんですか?
ま、とにかく大切な人って事でご容赦下さいm(__)m
もしかしたら新しい進展があるやもしれないので、1か月後ぐらいにまた覗いて見て下さい
現実逃避の旅人さんへ
2018/06/23 09:25
お姉さん口調の素敵な人と、旅の話で盛り上がる。いいですねえ。
お姉さん口調というのは、ちょっとイイもんですよね。甘えたくなっちゃいますよね。
モンブランかあ、ヨーロッパも、1度は行ってみたいなあ。
凡蔵。
2018/06/23 12:53
全くです、お姉さん口調は悪くないですよね(笑)
はい、甘えたくなっちゃいますがなかなか甘えさせてくれないのが手ごわいところです(笑)
モンブランの麓の街シャモニーがまた素敵なんです
必ずチャンスが訪れる時が来ますので、その時は是非!
凡蔵さんへ
2018/06/23 13:35
じゃあ、娘さん?
そんな大きな娘はいない?
絶対どっかにオチがありそうなんですが・・・。
現実逃避な旅人
2018/06/23 19:50
身内や血縁関係の人だったら、わざわざ博多まで行ってドキドキしませんよ(笑)
ゴメンナサイ、皆さんが期待するオチは無いんですよね・・・
現実逃避の旅人さんへ
2018/06/23 21:02
やや本論から外れている気もするのですが、ゆけむりさんはスイスが一番好きな国でしたか

スイスは私が唯一行ったことのある欧州の国で、イギリスに留学していた時の友達がいるとの嫁のリクエストによるものでした

チューリッヒから入り、ルッツェルン、ツェルマットでしたっけ? ローザンヌなどをうろうろし、最後がジュネーブという旅でした

個人的には全般的に食事があまり口に合わない、というか、なんかしっとりとか滋味とかに乏しいような気がしたんですよね、もちろん我々のチョイスの問題でしょうが

まったく関係ありませんでしたね、失礼しましたm(__)m
びーぽん
2018/06/26 20:12
ハイ、断トツでスイスが好きです!
移住したいぐらい好きです

お〜、チューリッヒからルツェルン、そしてツェルマット、ローザンヌ、そしてジュネーブを周られたんですね
なるほど、奥様のリクエストでしたか
でもかなり良い所を周られ、なかなか良かったのではないでしょうか?
おやっ、食事が合いませんでしたか?
それはちょっと残念でしたね
でも自分もクセのあるヤギのチーズとかを使った料理は苦手です
オイニ〜がけっこう強烈なんですよね・・・

いえいえ全然関係無くないですよ
このように話題が広がるのもブログの楽しみの一つだと思っていますからね!
どんどん広げて下さいね〜
びーぽんさんへ
2018/06/26 22:13
小説ですね。
フィクションという意味ではないですよ。
現実に付加価値を与えて、読むに足る文章にしていらっしゃるという意味です。
いや、実際読んでいて、素敵だなあと思いましたよ。
良いなあって。
続きも読みたいです。
りう
2018/07/02 00:27
ありがとございます
彼女とはよく海外の話をするんです
また、これからの行きたい国についてもよく話をします
2度モンブランを見たのも事実で、一番好きな国もスイスです
実は数年前にも行く予定でしたが、泣く泣くキャンセルした経緯があります
あの時はキャンセル代が8万円でしたよ(T_T)
しばらくはショックで立ち直れませんでした・・・
彼女ももうすぐ訪問国数が30ヵ国に達しようとしていますが、マニアックな国に行っている反面メジャーな都市には行ってなかったりと、微妙なズレがあるのも事実です(笑)
いつかは一緒に海外へ行こうと誘っているんですが、なかなか手強いんですよね
りうさんへ
2018/07/02 04:37
一緒に海外ですかあ。
いつか実現すると良いですね。

キャンセル料はこの春の自分のキャンセル料とくしくも同額です。
りう
2018/07/02 22:28
海外は休みを合せないと厳しいですからね
そもそも休みを取りずらい職場だと更に厳しいですね
りうさんも春のキャンセルで同じ金額でしたか
かなり痛いですよね
りうさんへ
2018/07/04 05:41

コメントする help

ニックネーム
本 文
福岡妄想劇場 9 ・ 世界で一番好きな国 湯煙おやじの旅日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる