湯煙おやじの旅日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 福岡妄想劇場 5 ・ ナイトクルーズ

<<   作成日時 : 2018/06/18 19:07   >>

ナイス ブログ気持玉 28 / トラックバック 0 / コメント 6

自分はクルーズと名が付くものはなんでも好き

特にリバークルーズは大好き

まして大切な女性(ひと)と一緒なのだから楽しくないはずはない


画像



博多港〜那珂川のナイトクルーズです


3回目にしてようやく乗る事ができました


まるでクリスマスのように街がキラキラ輝いています


これは期待できますよ


なにしろこのシチュエーションですからね


むしろ何も進展しない方がおかしいです







画像画像


画像画像


画像画像



クルーズ船は一旦博多港から海へ出て、また船着き場の方に戻ります


船着き場を通り越し、キャナルの方まで行ってからまた戻ってきます


時間にして30分、料金は1人1000円です


キレイな女性の生歌と簡単なガイドがある


川面を伝わる風は涼しく、ちょっと肌寒いぐらいだ


そこがまた良い


暑かったらベタベタ引っ付くわけにはいかないが、肌寒いのだからしょうがない


もちろんブランケットが用意されている


ごく自然に2人で羽織る
事になる






画像



このシチュエーションだ、2人の距離は更に接近していく


心臓の鼓動はドキドキと高鳴るばかり


ムードは最高潮、シートはもちろん一番後ろ


これ以上のタイミングはありません


相手だって子供じゃありません、もしかしたらと思っているはずです


むしろ「何もたもたしてるのよ、男のくせにだらしないわねと思っているかもしれません


意を決してググッと肩を引き寄せ、目をつぶっている彼女の・・・と思った瞬間


デコが丸出しだった


何と言う事か、風でデコが丸出しになっています


まるでアルプスの少女ハイジのように


デコ丸出しのハイジは可愛いが、色気もヘッタクレもありません


もしかしたら神様がそこまでって言ったのでしょうかね?







画像



笑いをこらえるのに必死でした


彼女は目を開け「何でそんなに嬉しそうなの?」と尋ねてきました


「デコ丸出しでハイジみたいだから」なんて言おうものなら大変です


間違いなくチョーパン喰らうでしょうね


あのデコでチョーパン喰らったらひとたまりもありません


嬉しいんじゃなく笑いをこらえるのが必死だったのだが「隣にキミが居るのが嬉しくて」と誤魔化した


彼女はまんざらでもないようだった







画像



中州や天神のネオンが那珂川に映り、本当にキレイだった


キレイね


彼女がつぶやいた


うん、本当にキレイだ


自分は違う意味で言ったのだが、大雑把な彼女は気付いているんだか気付いていないんだか、特に表情は変えなかった・・・



あ〜、風さえ吹かなければ






画像


画像












テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 28
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
この季節でむしろ肌寒いくらいというのはいいですね、川だろうと船だろうと、べたべたしてるとさりげなく不快ですものね

しかし本当に景色はクリスマスのよう、そして船は船上パーティーのような雰囲気に感じます

妄想とされていますが、じつはリアルなんじゃないかと感じていますよ

妄想がここまでだとしたら逆に……………って感じですからね(笑)
びーぽん
2018/06/19 13:40
昼間がメチャクチャ暑かったので、夜風が本当に気持ち良かったです
前回、前々回と乗る事ができなかったので本当に良かったです

なんだか気を持たせてスイマセン
妄想と言うのは、こっちが勝手に友達以上恋人未満から脱却したかのように思っていると言うか、脱却させようとあれこれ画策しているだけなんですよハイ・・・
あまり脚色していないのですが、本当に元の路線に戻すタイミングを逸してしまって困っています
かなり皆さんドン引きされているようですが、もはや後戻りできない所まで来てしまいましたので、どうか軽く流していただければと思いますm(__)m
びーぽんさんへ
2018/06/19 22:46
いやあ、ロマンチック。
ゆけむりさんには、似合わない雰囲気ですよ。
夜の風に吹かれれてのクルージングは、気持ちよさそうですね。
こんな船があるのを知りませんでした。
凡蔵。
2018/06/21 10:38
実にナイスなシチュエーションでしょ?
夜風もちょうど良く実に良い雰囲気でした
まさに千載一遇のチャンスではありましたが、風のおかげで・・・
ちょうど中州と天神を結ぶ橋のたもとに乗り場があります
チャンスがありましたら是非!
凡蔵さんへ
2018/06/21 17:16
お2人でリバークルーズとはうらやましい。
しかもナイトクルーズ。
自分なら、並んで座っているだけで十分です。
言葉も何も要りません。
風に靡く髪。
ハイジみたい?
良いじゃないですか。
りう
2018/06/26 00:33
ハイ、ナイトクルーズはレディを口説くには十分過ぎるほどのシチュエーションでした
しかし、しかし何の因果か突然風が吹き、デコが丸出しになってしまいました
風と共にムードも吹き飛び、笑いをこらえるのが精一杯でした
でもナイトクルーズは本当にキレイで、とても楽しかったです
りうさんへ
2018/06/26 15:31

コメントする help

ニックネーム
本 文
福岡妄想劇場 5 ・ ナイトクルーズ 湯煙おやじの旅日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる